[PR] カード 比較 マゾヒズムのすゝめ
マゾヒズムのすゝめ

未分類
profile
music
Link
edit


image by cider

:: スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --.--.--(--) |



209 :: 先行上映 銀座

ラルクDVD先行上映のこと。
大コーフンでただ書きなぐりたくなったので記録。
大好きな3公演のところだけwwww




・ 15thの四番街
イントロでもだえる。くるとわかっているのに崩れ落ちそうになる。
やっぱこのライブの開幕の高まりって、何にも換えられないよなあ。
あとから言ってる部分もあるけどね。
歌が上手になった奇跡のライブだからw
幼なじみのおいかけっこ、さーらーわーれーてーーー!!のけんちゃんの脚は
胸が苦しくてぐじゃぐじゃになる


・ シアキスのマイハー
うますぎワロタ。未来が見えるかな、が
「みぃ~っぃらいがみぃえ~るかなぁ~」ではない。まだ。
足踏みもしない。動きが少ない。いい。
そして夢を描いてくよ、の「え」が
「ゆめーをーえーがーい」ではない。
「ゆめーをーえっ!が~い」だ。まだ。
これ、ワールドツアーのときは国立でしかわたしこの歌い方聴いてないよ。
もう前者に固定されちゃったとおもってたから、
国立で久しぶりに聴けて涙出たほんと。

で、こんときのユッキーがすげーもうすげええええかっこいいいいいいいいいいいいいいいいい
いつもそうだけど凄まじい集中力。力強さ。
このドラムでしなやかなマイハーに強さが、意志が宿る。
なんでそんなに…ゆきひろ先生は…ぶれないのですか…


・ L‘7のふぉーびどぅん
なにをいえようか…なにが…なにが…これに対して…
ただ、ただ、ただ、圧巻。圧倒。異世界。呆然。放心。
すべてにおいて。
ドラムの揺るぎなさ、ギターの叫び、ボーカルの発する意味、ベースのうねり。

もうベースのうねり。まじで。うねり。
あの場所で聴いたからかわかんないけど、あの音響でてつやのベースってやばいぞ。
ぶおおおおおおおんって最初から圧倒的な存在感で、
あのライブのふぉーびどぅんって映画のようだけど、
ますますそれに拍車をかけるというか、セットの船があって、
てつやのベースは波のうねりだったよ。
最初の静かでも強烈な波から、見ないふりなんてできない荒波まで。
盛り上げすぎ。もういやだ。鳥肌がとまんなかった。
えっ…えっ…なに、えっ…ってテンパり、結果泣いた。。。
うっ…って嗚咽こらえたわ。おそろしい映像だよこれは。

神の名を、以降はもうほんとに神の領域だとおもう(頭おかしくなってるかなわたし…)
メンバー全員なんか降りてきてる。のりうつってる。おかしい。
なんていうの、彼らが生み出して彼らが演奏した曲が、
彼らを飲み込んじゃった。っておもう。
音楽が、上回る瞬間をみた、っておもう。
もう言葉も声も、意味もこえて、音が、うわあああああああああああああああああって
制御できなくなる感じ、その感じが一瞬たしかに訪れる。間奏。
はいどの「空高く」て声でぐぐうううっとようやく引き止める、連れ戻すけど
もうそのときにはクラクラ。
涙腺あいたのは戻んないし、無防備になってしまってどんどん最後まで、全部入ってくる。
できればわんわん泣きたいくらいかもしれない。
ああもうよくわかんないけど。ものすごい曲なんだって、これ。
はあ。





他の味スタぶるーりーもGLMWもよかったけどね。
でもやっぱ直されてることをひしひしと感じると、ね。笑
どうも素直に感動できないw
心の中で「(もっと下手だったのに…)」状態ww

CHASEのEnglishばーじょんは音源なのがいいのか悪いのか。w
ライブ映像を重ねなくても別にそれは分けてもらってもよかったな。
MSG公演の観客の様子はほんと素敵で、
こちらまでニヤニヤうれしくなっちゃうけど、そこに音源を重ねられると変な感じ。
まー前の記事でMSG公演さんざんに言ってるわたしだから、
ふつーのライブ音源いれられても萎えたかなwwww
日本語版のPVでもいい…わけないか。口が違うわ。
いや、音だけで充分だったよ、CHASEは。かっこいいもん。
あーでもMSG公演のゆきひろ背後からのアングルで
ビートカウントしてるやつは禿げそうなくらいかっこよかったからよしとしよう




おーわり。
来週はL’展に行けるかな☆

スポンサーサイト
未分類 | 2012.06.10(Sun) | com(0)



208 :: MSG

先に弁解させてもらうと、なんにもまとまってないし、
公演そのものというよりは
公演を通してみた最近のラルクというかはいどについてになりそうなんですが(笑)
最近は、自分の中でも今までに無い感情がわいていて
個人的にはけっこう深刻です。。
あーしょーもない…こんなことで揺れたくないんだけどなあ

結論も何も出ないけれど
言語化することで少しはざわざわが落ち着くんじゃないかとおもったので
自分のために書きます

いやもう、文句ばっかゆって、
何様感満載だとおもうんですけど、すみません、すみません。(…

more

未分類 | 2012.04.01(Sun) | com(2)



207 :: 春















お別れしてきました。

ふられたわけなんだけども。

…以下、色薄くします。笑















恋人・彼女としてちがうんじゃないか、親友みたいだって言われた。
人として、友達として、わたしのことを嫌いになったわけじゃないって言われて
悔しいながらも、すごく救われてしまった、なんだか。

そうやって言われてみて、自分自身が、
「恋人」として必要とされることと
「人」として必要とされることの
後者に重き、意味を置いている、ということを自認することができたなあ。
「恋人として好きじゃない」
と言われるほうが、
「友達として好きじゃない」とか「人として好きじゃない」
と言われるよりもかなりマシだったみたい。
みんなそういうもんかな?
おかげで、別れたというのに、思うより痛くないよ、胸が。

嫌な風な別れじゃなかった、と感じているし、
素敵な1年3ヶ月だった、付き合ってよかったなあって思えてる。
そりゃあ、恋人としても、人としても好いてくれたら
いちばん奇跡でハッピーかもって夢見ちゃうけど。笑


最後に、きちんと向き合えてよかった。
向き合ってくれる、誠実な人だった。
付き合っている間は、
たぶんお互い、相手の背景や気持ちを汲もうとするタイプだったから
思いっきりぶつかることなくやってきて
もちろん、必要な場面では話し合いもしてきたけれど
もっともっと、自分のポイントで感情をぶつけてもよかった場面もあるんだろうな。
他の人に話を聞いてもらいながら、ひとつ学びました。

別れ話となれば、もう言い残すことはしたくないとおもって
そのときは、今まで感じたことを
なんとか言葉にして、拙くても、何か伝われと思って
一生懸命話してみた。
もう、どんな順でどんな風に話したかもおぼえてないけど
聴いてくれた。相手も、話してくれた。

なんっか優しいんだよなあ、最後まで。困る。笑
これは本当、びっくりしたんだけど、
向こうが別れ話を切り出すとき、初めて彼の、涙をみたのね!
最初で最後。
これまでにも「どんなときに泣くの?」とか聞いたり、
冗談で、「泣いて!見てみたい!」とか言ったりもしてたけど
全然泣くことなんてなくて、
年末に彼のおじいさんが亡くなられたとき、
ものすごく泣いたって本人から聞いても、想像できなかったくらいなのに。

それがさあ、彼が重苦しい雰囲気で黙ってるのを見て
ああ、今から話そうとしてるなって思って心を落ち着けて、
ふと彼のほうを見たら、左目から涙がつーっとしずかに流れ落ちてて
本当におどろいた。
えええええええうそおおおまじでええええwwwwwって内心ちょっと、叫んだ。
まさか別れ話で泣くとは。。。
そんなこと思いもしてなかったから、なんというか、
心を揺さぶる出来事であった、と考えてもいいなら
少~し、喜んでもいいのかな。笑

最初の切り出しでは、
彼のご両親のエピソードを引き合いに、
自分は父親似にて鈍感で、わたしの優しさとかそういうのに、気付けなかった部分があるって最近思った。
ってところからスタートした。
なんか、なぜかわからないけど、この切り出し方は印象的で
忘れられない気がする。彼が泣いていたからかなあ。
静かだけど、結構、鼻水出して止まらなそうに泣くから、w
しばらくティッシュ渡して、手を握って、頭を撫でてた。
そんくらいしかできなくて。
言い出すの、しんどかったろうし、自責の念もあったとおもう、
苦しめてしまってごめんね、という意味も込めて、
そして、あー彼女として、こんな慰めるようなことするのも、
きっと最後なんだろうなーって思いながら
でも心の片隅で、別れ話じゃなければいいのにーなんてひそかに期待しながら、
一刻一刻を大事にかみしめるように、隣に居た。

それから、別れたいと思っています。と核心の部分に触れられ、
ああ、うん、そうかあ。やっぱりかあ。と突き刺さり、
それでも出来る限りの平静を装いながら
そこに至った経緯とか、考えとか、気持ちを聞いていった。
おざなりな説明はなかったし、
かといって、これはこう!と頑でもなかったから、
人らしいというか、真実味があって、納得出来た。
わからないことは、無理に答えを出していなかったとおもう。
その流れの中で、さっき書いたように、
わたしの中の考えを伝えたりもした。

この話をする前から、
おかしいな、という予感は続いていたし、
「真面目で重い話がある」とメールで言われたときにはもう、
覚悟していて。
やはり不真面目に付き合ってきたわけじゃないし、
わたしは彼のこと、恋人としても人としても大好きだし、
どうか円満に、別れることになろうとも、
それが彼の一歩になるような、わたしの一歩にもなるような、
前向きな、エネルギーになる別れ方をしたいとおもったから
そのためにはわたしが、最後に向かい合うとき、
凛としている必要があると感じたので
「泣かない」って決心してその日を迎えたのね。
彼の話もしっかり聞いて、
さめざめ泣いたりせず、落ち着いて話した。
我ながら、よくできたとおもう。笑

だんだんと、お互いの将来図の話になったり、
もっとデカイ、漠然とした、人生、夢って話になったり
まあ、こういう話は付き合っているときもたまにしたけれど。
そしてそういうときの感覚、すごく好きだった~。
互いに「どういうこと?」と興味を持って
「いいね、君らしいね。」というような感じで
打ち明けあっていく、そんなかんじ。
そういう風に話の内容が変わっていって
心から会話が出来たと思う。
ここに至って初めて、
彼が言ってくれたわたしの魅力というのを聞けて新鮮であったなあ
あれはうれしかった。
今、感覚として持っている共通の部分があるんだけど、
それを得てきた過程や原点の違いが魅力的だった、と言ってくれた。
当然寂しさは消せなかったけど、話していくうちに、
今のわたしたちの選択はこれでいい、と思えた。
わたしたちは、まだどちらも
自分自身と向き合い切ってない人間なんだな、きっと。
どちらも、そういう精神年齢に至ってなかったのだな、と。

考えてもしょーもないことだけど、
どちらかが既にある程度自分の足で立っている人間であれば、
もう少し余裕が持てて、上手くいったのかもな、と想像もした。
かといって、特別そんな状況に憧れも抱かなかったけど。
だって、今の彼とわたしじゃなきゃ、惹かれることも
出会うことすらなかっただろうから

最後の方には、お互い無理せず、ナチュラルに
軽く冗談も言えるくらいの雰囲気になって、笑っていられた。
じゃあそろそろ帰るね、って彼の家を出て
いつも送ってくれてたところまで一緒に歩きながら
スカイマップで星見たり、
友達になったら、一緒に遊んでくれるの?笑
とか、
どさくさに紛れてホワイトデーなかったことにしてんじゃねー!w
って催促してみたり、
和やかにちょっとの時間を、思い思いに笑顔で過ごした。

この辺で、と別れるときに改めて
ありがとう、1年3ヶ月、楽しかった!
ってわたしが言って手を差し出したらやつが
「っ…」
ま た 泣 き 出 す し wwwwww
もうここまできたらちょっと面白かったよね。笑
ちょっと移るから泣かんでよ…!ってひっぱたき、
でももうなんか、やっぱ、
それを見てしまったら、最後なんだなって思ったら、
泣かない!って決意してたぶんも崩壊して、おさえられずに
最後の最後にわたしも一緒になって泣いてしまった。
あー泣かないって決めたのにーーって泣き笑い状態w
「友達に俺の悪口言いまくっていいから」とか
「泣くのがまんしてくれてありがとう」とか言いやがって
悪口なんて、ないし、
気を緩めたら早々に泣いてしまっていたのはバレてただろうけど、
もー、くっそーーー。笑
それで、お互い、ありがとうって握手して
じゃあね。ってバイバイしてきた。

帰宅してから、うまくその場では紡げなかった言葉を
メールでちょっとまとめて送った。
それにも、とても誠実に返事をくれて。
色々詰め込んでくれた。
泣いたことを言ってるんだろうけど、
「おれがしっかりしなきゃいけないのに」とか笑った。w
「すごく良いパートナーだったと思ってます」
「○○のおかげで色んなものを得ることができたし、
 色々なこと考えて、話すことが出来て、楽しかった。」
きわめつけに、
「友達として、俺も大好きです。」っていう一文に
うっかりぼろ泣きしてしまったよね。笑




いやー。
いやー。
素敵な人だった。とても。
とても素敵な恋愛ができたよね。人付き合いが。
すばらしい経験を与えてくれたな。こんなに素敵な同い年、いないよ。
今までタメの男子とかただのバカとしか思ってなかったもんww
わたし見る目あるよなあ(…

いいひと。
付き合ったこと、なんにも間違いじゃなかった。
語らってくれるひとで
きっといつまでも、人としては、大好き。
今はまだ消えない、
恋愛感情というものが時の流れで薄れても
根っこの人間としての魅力、興味、好意は続くんじゃないかと思う。
そのことを本人に伝えたときも、
それは俺も同じだよと、返してくれたことを忘れないー。
誇りに思うなあ。

やっぱり最後に泣き顔みれて
ちょっと、しめしめって感じだわ。笑
少しでも彼の中に、わたしっていう存在を、傷を残せたのなら。

忘れないね。ほんと。
楽しい、幸せな1年3カ月だったな~。
魅力的なひとに出会えて、一緒にいられてよかった。

ありがとーってかんじ。

時が経てば、親友になれそうなひととか
貴重だよ、ほんとうに。
大切にしないとね。これからも。

あーたくさん書いて少し整理。。笑

お世話になりました。

ありがとう!

また、どこかで。





おーしまい!

未分類 | 2012.03.23(Fri) | com(0)



206 :: distance

端的に言うと、
「ケッコンはできない!」
と言われた。笑










more

未分類 | 2012.01.09(Mon) | com(0)



205 :: 帰る家

追記で。
どうしようもなくプライベート。
我が家の話。しんどい。
だが!
吐かないとわたしも耐えられんよー。w




more

未分類 | 2012.01.02(Mon) | com(0)



204 :: 結果

↓の記事なんですが、もともこもない(ひらがなでかくと可愛い。もこもこしてる)感じでした。
いや、使い方違うか、なんかすれ違っていたというか
お門違い、いや、うーんそうじゃなくて
全然ちがった、というか、勘違い、えーとなんていうんだっけこういうのド忘れ。。

まず早々にコメントくれた百合香にコメレス。
ありがとうね!

>百合香
いえいえ、わたしもそう思ったから書いたので。笑
そうだよね、この文だけ見たら、やっぱりおかしいよねw
単純に、どう使おうと勝手だろうに…と思ったし。w
彼が言いたい本質はそこではなかったようなんだけど。
それは追記で順繰りに書きます。
そうそう、わたしも引っかかったのはやはり高圧的なとこかなあ。
しかしここがキーなのであった…(…



more

未分類 | 2011.12.15(Thu) | com(1)



203 :: うずまく

追記で!モヤッ!












more

未分類 | 2011.12.14(Wed) | com(1)



prev new



/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。