[PR] カード 比較 マゾヒズムのすゝめ
FC2ブログ
マゾヒズムのすゝめ

未分類
profile
music
Link
edit


image by cider

:: スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --.--.--(--) |



208 :: MSG

先に弁解させてもらうと、なんにもまとまってないし、
公演そのものというよりは
公演を通してみた最近のラルクというかはいどについてになりそうなんですが(笑)
最近は、自分の中でも今までに無い感情がわいていて
個人的にはけっこう深刻です。。
あーしょーもない…こんなことで揺れたくないんだけどなあ

結論も何も出ないけれど
言語化することで少しはざわざわが落ち着くんじゃないかとおもったので
自分のために書きます

いやもう、文句ばっかゆって、
何様感満載だとおもうんですけど、すみません、すみません。(…





























まずは。
MSGの公演はたしかに成功であったとおもう。
初めてラルクを観る人たちが大半であったろうし、
自分のところへ来てくれる!という興奮って計り知れないし
気持ちはすーーーんごいわかる。ファンだもん。わたしも。

ラルクの演奏だって、
もう初っ端から動きまくるリーダーとか、
一打一打の強さがハンパじゃないユッキーとか
(こりゃ言っちゃ悪いが観に行った台湾とは大違い)
いつも通りの楽しそうなkenちゃん。
hydeも特別下手な間違いしなかったし、叙情詩とかすばらしかったよ。

ニュースで取沙汰されたお客さんの様子をみても、
ああ満足しているんだな、楽しかったんだな、と思えた。
まあ所詮ニュースだから、
満足していない人たちの存在はあってないようにされてるだけだろうと思うけど。
テレビはよかったー!っていう答えを寄せ集めて報道するに決まってるんだから。

トータルとして成功だったのはそうなんだろうな、と思うけれど
個人的にラルクのライブとして、全然満足出来なかったんだよね。
ダメなところばかり目についてしまうのは、なんでだろう。最近。
ダメって、率直にいうと、hydeのことをゆってるんですけど。笑
すんごく冷静に観てしまう。

断っておくと、わたしは最近のhydeの歌唱スタイル(音源における)、
テクニックは嫌いじゃないし、いや、むしろすごく好きだし、
KISSの頃のまだ抜け切らないような、こもった歌声よりも
BUTTERFLYの、色々な歌声を使えるようになった今のほうが、好み。
それでも、それをライブでがんがんと色んな曲に
実験的に?なのかしらないけど、使っている状態には、たまにエエッ!とおどろく。
でもそれは問題じゃなく、許容範囲だし、そうやって自分のスタイルを探っていく方法は
これまでとなんら変わっていないとおもう。どうぞどうぞ、というかんじ。
実際、曲も歌声もそろって深化するわけで、最近の曲には
今のスタイルがぴったりだとおもう。XXXとかCHASEとかね。
ガラッと掠れた声とか、濁った声、持ち前のハリのある声を何種類も出せて、ほんとうにすてき。

それでなにがダメって感じるのかというと
歌唱スタイルそのものではなく、
hydeのライブ中の集中力の話。
これって感じてる人も結構たくさんいるんじゃないかなあ?
まー火やL’7の頃と比べると
明らかにhydeの様子がちがうとおもうんだけど。
歌うことに対する、ライブで歌うということに対する、集中力が。

なんというのか、最近富士急のDVDをみてますます思ったんだけど
彼自身が歌や音楽に没頭している姿って
最近みていない気がする。
近頃のライブは、自分を演出する感じだとか、
まあ、歌詞を気にすることもあるか。そういうのとか、
雑念にかられていて、時折、心ここにあらず、な印象をうける。
余計なことをいっぱい考えているのか、上の空というか。
自分がみられていることに対して今まで以上に過剰反応しているっていうのかなあ
台湾とか、ほんと一瞬、え?と思うほど
上の空だろ今!!おい!!と言いたくなる瞬間があった。
禁愛かなんかだった。

いや、そりゃ、いつでも全力でいるのってすごく大変なことだと思うけど
彼が全身全霊で没頭したときに
めちゃめちゃ心が震えるっていう経験を、わたしはしているから
富士急とかね。ほんと。
ときに目を閉じて、「歌い上げる」、というかんじ。まさに。

「それ以上を知っている」といってしまうと、
それを「上」と感じるのは個人的な感覚かもしれない(歌声とかの点に関しては)とおもうから
難しいんだけど、
集中力の差は確実にあるとおもう。

ごく普通に、まー火とかそのあたりの時期って
歌が本当に上手に歌えるようになってきている過程で、
丁寧に、集中しないと歌いこなせなかったのかもしれず、
今になってようやく自然に、歌いながらサービスも出来る、
技術を自分のものにしてきた状態だ、とも言えるかもしれないんだけどね。
事実、まー火の頃って歌声を安定させるためか、
少し音楽よりhydeの声が遅れる感じがあったとおもうんだけど
最近はないし。歌いこなせるようには、なってるんだろうけど。
どうも、その結果印象として、
歌を歌い上げるのではなく、なんていうのかなあ、難しいな、
こなしている、ように感じてしまう。
仕事のように、いや、仕事なんだけどw
はいオッケー、よし次、次、次、というように、淡々と
大げさにいえば、事務的処理のようにみえる。

ああーいやー、もう好みになってしまうのかなああ、、こうなると。

わたしはとにかく、ラルクの曲に対して
もっともっと没頭してほしいって、そう思ってしまう。エゴだろなあ。
サービスすることで、歌唱が小手先に、なってしまうくらいなら、
そんなのいらない。
でも、パスしてほしい、キャッチボールしてほしい、という人もきっといるのだろうから
うーーーーーーーん
何に重きをおくか、で、ずいぶん変わってしまうのかあ。
なんかなあ。どうしようもないなあ。笑
口下手なんていうくらいなら、演奏で返すっていうくらいなら、
めちゃくちゃ本気で、ラルクの曲を聞かせてよ。
それが、わたしたちに対するパスでもあるんじゃないのかー

とんとんとん、と
hydeの歌唱が変わっていく、みるみるうちに色んな声が出るようになっていく、
という流れを目の当たりにしたことで、
めちゃくちゃ期待する癖がついてしまったとおもう。
求めるものが大きくなりすぎた。
だってたぶん、15thからの駆け上がりがなく、
それ以前のhydeの歌唱力のままであったら、こんなこと一切思わなかった。
大した期待も抱かず、こんなもん、って満足してたはず。
あの15thからの変化を目撃したことで、
魅力的なラルク、最高のラルク、の条件がガラッと変わったんだと思う、わたしの中で。

ラルクに関しては
もっと盲目的に、なんでもよくて、
ライブさえしてくれて、そこにいさえしてくれれば、手放しに喜んでいられるとどこかで思っていたから
最近終演後のホワワーーーーンっていう恍惚な感じが得られないことに
とても戸惑っている。
こんなに、ラルクの軌跡の一部に惹かれて、そこを今より良い、と
強く感じる出来事があるとは、予想していなかった。
ずっといつでも、今のラルクがいい!って心から言えると思っていた。
その確信が今まさに、ぶれていて、深刻。ほんと。はあー

結局なにに落ち込んで、どうなってほしいのか、よくわからんし
ラルクが嫌いになったわけでもないんだけど
ちょっとしんどい。
正直、5月でラルクを一度しめるのには、ほっとしている。
このままラルクされても、ライブ行かなくなるだけな気がする。
CDでいいや、となってしまう。きっと。
あえてこういう言葉を使っていうと、
hydeがてきとーに歌うラルクのライブなんて全然みたくない。
ってことなんだとおもう。
今のわたしには、てきとーに見えてしまっている。

hydeもアーティストであるまえに一人の人間だし、
わたしたちが知らないこと、思うことが
そりゃああああもうたっっっくさんあるだろう。
その背景が「存在する」ことだけは常識的にわかるものだけど
なんていうのか、
そこまで考えることがファンに求められることだとは思わない。
これは最近ようやくそう、思えるようになったことなんだけど。
わたし自身は今まで、そういった背景まで勝手に汲んだつもりで、
ラルクを愛してきたんだけど
汲んだところで、それはまあ、こちら側の解釈なだけで
こちら側が自分自身を納得させるか、させないかの問題だから。
無意味なことなんだろうな、と感じる。
これは前向きな見解でも後ろ向きな見解でもなく、事実として。

自分自身の好き!という気持ちに
単純に従うと、わたしは今、書いてきたような、
複雑な状態にあるということ
そのことだけが、ほんとうのこと。
今後、自分とラルクとの関わり方が、変わる可能性を感じているということ。


あああああああああああもうわけがわからなくなってきたああああああああああああ


疲れたからこのへんでおわる…


5月のラルクのライブは行くことに決まっているので
そのときまた、色々感じるだろうから
それからもう一度ゆっくり、考えよう。


なんだか暴発してしまってすみません。
けど、大事なことなので。
大事なことなので。


未分類 | 2012.04.01(Sun) | com(2)



comment

by めぐれ (URL)
ファンの期待(歌と言うより「魅せ方」についての)とかは気にしなくていいから、彼にはただただ歌に浸っていてほしいよね。
良くも悪くもファン想いな彼だからこそ、「わかってるw」じゃないけどファンの想いに応えようとしすぎてる節もある気がするな。
2012.04.01 21:55 (edit)

by えの (URL)
うん、純粋な希望としては、それ。
そういう魅せ方を求められる立場ではたしかにあるし、
れーたのいうとおり、その期待を感じ取った以上、応えたいと思ってるんだろうけど、
歌とパフォーマンスと両方完璧にやれるほど器用じゃないんだよねきっと。笑
それを超えてこれからできるようになるのか、
もしくは彼がどちらかに重点を置くようになるか、で
わたしの今後も決まるわ(…
2012.04.06 01:09 (edit)


comment form

 管理者にだけ公開する

prev new



/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。